今考えてること

レシチンは、血中コレステロールを低下させたり、動脈硬化を未然に防いだりと、脂肪に関与する機能を持っています。
レシチンは水と油をうまく融合させる働きがあります。
レシチンをサプリメントなどで補うことで、体の中の油と水とがうまく影響を与え合う状態を作ることができるようです。
人間の体には、約600グラムのレシチンがあり、常に休みなく細胞は動いています。
細胞間での栄養や老廃物の行き来が問題なくできるよう、レシチンは存在します。
レシチンがあることで、脂肪細胞とそれを取りまく水分との成分交換がうまくいきます。
デコメ
コミック


体の中の油と水とがうまく影響を与え合う状態を作るレシチン